顔に出るんだよね、キミ。

―東京へは…いつ?
「火曜。週末にオリエンがあるから」
―女子大、か。これからは、お嬢さまって…
「なんなの、今さら…
あ!そっか。安心した、とか?」
―別に、保護者じゃないし。
「保護者…ねぇ」

ほくそ笑む、彼女。

―それにさ、サークルとか…大学は関係ないじゃん。
「キミ、そういうの詳しいよね」
―普通だよ。調べるでしょ、受験前に。
「なんかヘンなとこ、律儀だよね?
大学生になるまでカノジョはつくらない!
とかって宣言したり、さ」
―…えっ?

話題、転換しすぎじゃないか。。。

「アテ、ありそうな顔してたよ、あの時」
―いや、まぁ…。
「顔に出るんだよね、キミ。
律儀なんだか、鈍感なんだか…」
―はぁ?鈍感…って。
「アテはあるのに、ツキはない…か」

彼女は、そう呟きながら笑いはじめた。

―いや、ツキ…って。
「ツキはツキだよ!…で、予備校は?決めたの?」

なんだ…このシグナル。
ブルーなのかイエローなのか、、、
分からないんだけど。

photo・nishida shuhei
text・suzuki sachihiro
stylist・kawahara ayumi
hair make・ohashi mafuyu

さかい・あさか
8月4日生まれ
http://loveinq.com/