「わたしの星座、知ってる?」

ふたりの関係を
このまま続けていかなきゃと感じた時から、
その“関係”は終わる。
たとえばそれは…ボクと彼女の、いつもの帰り道。

「自分の星座って、見る?」
―星占いの話??
「違う。ホンモノの方だよ」
―見たことない…っていうか、見ない。

「わたしの星座、知ってる?」
―知らないけど。
「9月、てんびん座!…あっ、キレイ!!」
いきなりしゃがみこみ、
足もとの柔らかい自然に鼻孔を寄せる。

星の話かと思えば、花へ…
上から下までホント忙しい。
彼女のくるくる変わる表情に、気分に、
ついてゆくのは大変だ。
―相変わらずだなぁ。
ボクは苦笑しながら、瞳を空に向けた。

薄蒼い夜の空に、てんびん座を探した…その瞬間。
ボクの、彼女の関係は、きっと終わった。

photo・nishida shuhei
text・suzuki sachihiro
stylist・uto emi
hair&make・endo makiko

うえむら・ちか
9月23日生まれ
http://ameblo.jp/chika-uemura/